通販で買えるマイルーラによる副作用のリスクについて

10月 30, 2019

\90秒で注文完了/マイルーラの購入はこちら
避妊に失敗して落ち込む女性 女性が自分のタイミングで行える避妊方法のマイルーラ。

膣内で膜を作り、精子が子宮に侵入するのを防ぐという効果を持っています。

このような使い方や効能から『女性用コンドーム』のように表現されることもありますが、マイルーラを使えば男性も女性もゴム状のものをどこにも着けず性行為できるという点では、コンドーム以上に生の感覚を強く体感できるアイテムではないかと思います。

妊娠を望んでいない男女にとって、避妊は大切です。

マイルーラは現在国内で販売されていないので、購入するには通販を利用することになりますが、避妊に薬を使いたくない人にとっては活用しやすい避妊方法の1つではないでしょうか。

通販で買えるマイルーラを使うことで考えられる副作用のリスク

避妊に失敗して落ち込む女性マイルーラは、低用量ピルのように服用するタイプの避妊方法と違って、有効成分を体内に摂取することがありません。

そのため、医薬品でよく見られる頭痛や腹痛、吐き気などの副作用は現れないと考えていいでしょう。

有効成分に体が耐えられない人、体質の問題で低用量ピルを飲めない人にとって、副作用のリスクがなさそうなマイルーラは役立つ避妊アイテムになるはずです。

しかし、そんなマイルーラにも別の形で副作用が現れることがあります。

皮膚トラブル

マイルーラは、ノノキシロールという成分を配合して作られています。

もちろん、膣内に入れて使う前提で作られている避妊アイテムなので、ノノキシロールは体内に入っても問題ないとされている成分です。

しかし、マイルーラは膣内に直接入れられるため、副作用として皮膚のトラブルが現れることがあります。

マイルーラが接触した部分に炎症やかゆみ、かぶれが見られたりすることも考えられるので、使い終わってから自分の体に異変があれば、無視しないで確認するようにしてください。

パートナーの皮膚トラブル

また、マイルーラは使用した女性の体だけでなく、性行為したパートナーにも皮膚トラブルを引き起こすことがあります。

性行為中は、膣内で溶けたマイルーラと男性器が接触するので、男性器がノノキシロールの影響を受ける可能性は十分考えられます。

男性器にも、女性と同じく炎症やかゆみ、かぶれなどの症状が現れるというケースが報告されています。

マイルーラを使う前に、男性の皮膚や体質にも注意しておくように心がけ、マイルーラを使用することをあらかじめ相談しておくことをおすすめします。

通販で買えるマイルーラを実際に使う時の注意ポイント

通販を利用する女子マイルーラの副作用とは、主に成分が皮膚に合わない時に起こる皮膚トラブルによるものでした。

もちろん、ノノキシロールが体に合わないとはっきりわかっている人は、最初からマイルーラの使用を避けてください。

しかし医薬品の有効成分と違って、体に合うか合わないかは実際にマイルーラを使ってみるまで判断できない、という人がほとんどではないでしょうか。

マイルーラを使用するにあたって、注意しておくべきポイントを抑えておきましょう。

1回につき1枚を使用する

マイルーラのフィルムの使用目安は、1回の性行為につき1枚とされています。

1枚を膣内に挿入すると5~10分でジェル状になり、避妊具としての効果を発揮するようになります。そしてジェル状になってからは、2~3時間ほど効果が続きます。

そのため、3時間以上続けて1枚のマイルーラを使わないようにしましょう。

副作用につながる可能性があるだけでなく、避妊効果もなくなっている恐れがあります。

体に合わないようだったらやめる

実際にマイルーラを使ってみて、炎症やかゆみが現れてしまった場合は、続けて使用するのを控えるようにしてください。

自分だけでなく、パートナーの体に副作用が現れた場合にも注意して使用を控えるようにしましょう。

また、性行為から時間が経っても皮膚トラブルがなかなか治まらない場合は、病院で診察を受けることが推奨されます。

マイルーラでは性感染症を予防できない

コンドームは避妊具以外にも、性器の直接接触を防ぐため性感染症の予防としても活用されます。

ただしマイルーラは、あくまで子宮頸だけをジェルで覆っている状態なので、性器が直接接触することを防いでいるわけではありません。

そのため、マイルーラを使っていても性感染症の予防にはならないということを忘れずに使用してください。

マイルーラの副作用について・まとめ

マイルーラのパッケージマイルーラは、膣内に装着することで成立する女性用の避妊具です。

低用量ピルと違って、有効成分を直接取り込まないので、低用量ピルが体に合わないという女性でも行える避妊方法になっています。

しかし飲み薬に多く見られる副作用は現れなくても、皮膚トラブルという形で副作用が現れるケースがあります。

さらに、この皮膚トラブルは女性だけでなく、性行為をするパートナーの体にも現れる可能性が考えられます。

体に合わないと感じたら使用を中断して、症状を悪化させないようにしましょう。

マイルーラの使い方をよく確認して、自分の体の異変に気を配りながら避妊を行ってください。

マイルーラの購入はこちら

Uncategorized

Posted by admin