通販で買えるマイルーラと低用量ピルの違いをもっと詳しく知ろう

10月 24, 2019

\90秒で注文完了/マイルーラの購入はこちら
避妊に失敗して落ち込む女性 男女の性行為には、妊娠の可能性が潜んでいます。

当人たちに妊娠したいという気持ちがないのであれば、思わぬ妊娠を避けるための避妊対策が必要です。

避妊といえばコンドームが1番有名かと思いますが、コンドームは男性が手動になって性行為中に使う避妊方法です。

もちろん避妊は男女どちらにとっても課題になるものなので、男性が主導で避妊を行うという姿勢も大切なのですが、男性に任せっぱなしになってしまう女性の中には不安を感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

これからは、女性が主導になって行える避妊対策も一般的なものとして広がっていくべきでしょう。

通販で買えるマイルーラは、女性が主導で行える避妊方法として挙げられます。

男性の性器にコンドームを装着するように、女性も膣内に入れて使う避妊用フィルムが存在します。マイルーラは、そんな避妊用フィルムの1つです。

ほかに女性が主導で行える避妊としては、低用量ピルを使った避妊方法も有名です。

低用量ピルは、ほぼ毎日服用することで避妊の準備が完了する避妊薬です。

マイルーラと低用量ピル、どちらも女性が主導で行われる避妊方法として注目するべき方法といえます。

通販で買えるマイルーラと低用量ピルのはっきりとした違い

通販を利用する女子避妊用フィルムのマイルーラと、避妊薬の低用量ピル。

どちらも女性が自分の意思で行える避妊方法ですが、効果の現れ方や使い方にはかなり違いがあります。

2つの違いについて、詳しく見ていきましょう。

必要な時だけ使うか、毎日飲むか

マイルーラは、性行為をする約15分前に膣内に入れて避妊準備をする方法です。膣内の水分で溶かされることでジェル状に変わり、避妊効果につながります。

一方、低用量ピルはほぼ毎日一定の時間帯に服用することで、体内を妊娠しづらい状態に変化させます。そのため、避妊効果が現れるまでには少し時間がかかります。

さらに、低用量ピルは毎日の服用を続けていないと避妊効果を得られないので、服用を欠かさないことが重要です。

性行為の時だけ活用するか、毎日の積み重ねで避妊効果を得るかという違いがあります。

性行為の前に避妊をするか、すでに避妊の状態か

マイルーラは、性行為の直前に装着をすることで避妊対策が成立しますが、低用量ピルを毎日服用すると常に避妊ができている状態になります。

性行為のペースや体調に合わせて、どちらの方が自分にとって好都合かを考えてみましょう。

副作用が起こりにくい、起こりやすい

避妊に失敗して落ち込む女性マイルーラは体に直接装着するタイプなので、体内に成分が浸透するというリスクは滅多にありません。

そのため、頭痛や腹痛などの副作用の心配はありません。

低用量ピルは有効成分を体内に取り込むので、どうしても体内にさまざまな影響を与えることになります。

体質によって個人差はありますが、頭痛や腹痛、悪化すると血栓症などの副作用が現れるリスクが潜んでいます。

低用量ピルは体に強い作用を与えるので、人によって向き不向きが激しく見られる薬です。中には、体との相性の悪さから服用を許可されない人もいます。

このように副作用のリスクに違いがあるので、気になる人は医師に相談しながら避妊方法を選びましょう。

皮膚トラブルがあるかないか

マイルーラを使っても、頭痛や腹痛などの副作用は見られません。

ただし、成分が皮膚に合わなかった場合には皮膚トラブルが現れることがあります。

皮膚トラブルが現れると、マイルーラが挿入された部分に痒みや炎症が起こったりします。また、挿入された際にマイルーラに触れた男性器にも影響を及ぼすこともあります。

低用量ピルでは性器部分の皮膚トラブルは起こりませんが、ホルモンバランスが変わることによって吹き出物などが現れるケースが見られています。

成分との相性次第では、このような皮膚トラブルが現れる可能性もあります。

特にマイルーラの使用で異常を感じたら、使用を中断するか医師に相談してみましょう。

通販で買うか、病院で買うか

マイルーラのパッケージマイルーラは、かつては日本の薬局でも販売されていた避妊アイテムでした。

しかし現在では取り扱いが止められており、日本で見かけることはほとんどありません。

そのため、マイルーラを購入する時は通販を利用することになります。

通販なら買っているところを誰かに見られる心配もなく、まとめて何箱も買い置きができるので何かと助かります。

一方、低用量ピルは病院でしか購入できないと思われがちですが、実は低用量ピルも通販で購入することができます。

通販で買える低用量ピルは病院で買うよりも安くなっていることが多く、まとめ買いもできるので女性にとって便利な買い物方法の1つです。

しかし、前述したように低用量ピルにはいろいろな副作用のリスクが潜んでいます。

副作用の危険性を少しでも抑えるために、低用量ピルを使う女性は、病院で定期的な検診を受けることが推奨されています。

通販で低用量ピルを買いたい人も、安全のため産婦人科の検診を受けるようにすることが推奨されます。

完全に通販のみで購入するマイルーラ、通販と病院のどちらも視野に入れて使用する低用量ピル、自分の体や時間のやりくりに合わせて都合がいい物を選びましょう。

マイルーラの購入はこちら

Uncategorized

Posted by admin